はぎてんねっと
 
P.2411
カテゴリ-15目次に戻る HOMEへ
電力ケーブル用 熱収縮分岐管 276・729 
TE Connectivityの低圧用分岐管は、1kV以下のプラスチック、紙そしてゴム絶縁多芯ケーブル分岐部の防水を主目的とするもので、加熱収縮により容易に取り付けることができます。
また、従来工法に比べてスペースと時間も節約でき、架空での取付けも容易です。
   
取付けには特別な技術は必要なく、分岐管を加熱するだけで完了。
収縮してケーブルシースや絶縁線心にしっかりと密着し、あらかじめ内側に塗布されたホットメルト接着剤によって水分や環境要因等から分岐部を確実に保護します。
熱収縮である本製品は、一つの製品でいくつかのケーブルサイズに適用でき、在庫する種類を少なくできるという特徴もあります。この中肉厚分岐管は架橋ポリオレフィン製で、耐磨耗性、耐候性そして耐汚損性を備えています。
   
熱収縮材料の世界的メーカーとしてTE Connectivityは、チューブや成型品をさまざまな形状をした対象物に対して防水、保護、絶縁等の多くの用途に幅広くご利用頂いています。
TE Connectivity製品は、電力業界の要求に沿う多様な幅広い材料を提供できます。
 
材  質 電子線架橋ポリオレフィン
収 縮 温 度 125℃以上
連続使用温度 -40℃〜90℃


分岐管材料特性 試験方法 規格値
引張強さ ISO 37 最小10.5N/mm2
破断伸び ISO 37 最小300%
密度 ISO 1183 Method A 1.0〜1.3g/cm3
硬さ ISO 868 40〜60shore D
加速劣化 150±2℃.7日間 ISO 188 -
引張強さ ISO 37 最小8.5N/mm2
破断伸び ISO 37 最小100%
低温可とう性 -40±3℃.4時間 ASTM D2671-C 亀裂なし
耐電圧 IEC 60243 100kV/cm
体積固有抵抗 IEC 60093 最小1×1012 Ωcm
誘電率 IEC 60250 最大8.0
吸水率 ISO 62 Method 1 最大0.5%(23±2℃.14日間)
耐候性 本製品は耐紫外線剤としてカーボンブラックを含有した材料で製造されています。
備考 本材料に関するより詳細な内容は弊社規格PPS 3011/31.33を参照ください。
接着剤の特性については弊社規格PPS3012/70を参照ください。


選定表/寸法
 

製品番号 線心数 適用導体サイズ
(mm2
H J P R S Q HW JW
最小 最大 最小 最大 ±10% ±10% ±10% ±10% ±20% ±20%
302K333/S 2 5.5〜38 28 9.2 15 4.1 90 20 25 15 3.2 1.6
302K224/S 2 100〜150 48 32 22 7 172 - 70 34 2 2
302K466/S 2 200〜325 86 42 40 16 200 - 75 45 2.5 2.5
402W533/S 3 5.5〜38 38 13 16 4.2 103 45 28 22 2.7 1.5
402W516/S 3 60〜150 63 22 26 9 180 85 40 35 3.5 1.5
402W526/S 3 100〜325 95 28 44 13 205 90 45 42 3.5 2.5
402W248/S 3 325 115 45 52 22 240 100 60 64 4 2.5
402W439/S 3 - 170 60 60 30 252 90 66 85 4.2 2.6
502S012/S 4 2〜5.5 23 9 8 1.5 68 - 21 12.5 2.1 1.5
502K033/S 4 14〜38 45 16.5 14 3.4 90 71 25 - 2.5 1.9
502K046/S 4 38〜60 45 19 20 7 165 75 40 45 3.5 2
502K016/S 4 60〜150 60 25 25 9 217 100 44 50 3.5 2
502K026/S 4 150〜325 100 31 40 13.5 223 103 51 50.4 3.5 2.5
※1 寸法単位mm
    a=収縮前、b=完全収縮後
※2 図は代表的例を示す。
※3 推奨適用範囲はH及びJの「収縮前寸法-20%〜完全収縮後-20%」です。
※4 適用導体サイズは600V VVR/CV/CE/EM-CEケーブルを対象とします。
※5 本分岐管を端末処理に使用する場合、CV/CE/EM-CEケーブルの絶縁線心には別途、
   適切な熱収縮チューブ(MWTM等の黒色)処理が必要となります。
   詳しくは弊社までお問い合わせください。

   


■ お問合せ  お問合せはメール又はFAXにてお願い致します。


1. ご要望※必須 見積希望 購入希望 連絡希望 訪問希望 その他
2. 動機※必須 新規導入 既存入替 試作検討 コストダウン 情報収集
その他
3. お問合せ内容 価格請求・サンプル依頼・見積依頼、製品に関するお問合せなど
製品の商品名、型式をご記入下さい。

4. 添付資料
(ファイル容量5MBまで)

<FAX問合せ用紙のダウンロード>

株式会社ハギテック : TEL 043-423-8741