はぎてんねっと
 
 

P.1619

カテゴリー24目次に戻る HOMEへ
ゴムスライス加工
 626
 切る”という独自の発想から生まれ、 不可能を可能にしたスライス技術です
   
スライス技術の特徴

円錐部・球弧部を有するパッキングを従来のプレス成形による方法と異なり、カッティングで製品の形状を作り出すという、画期的な製造方法です。
ゴムカッティング製法は、ゴムプレス製法で困難な製品でも安定した品質、寸法精度で生産することができます。
(通常のカッティングの寸法精度は±0.05mm以内)
バリ取り工程無し
カッティング製法では加工後に筒の端材をカットする為、製品にはバリがありません。


[スライス技術の特徴]


取扱材料

EPDM・ウレタンゴム・フッ素ゴム・シリコンゴムNBRSBRCR

加工例
■角ベルト・平ベルト・プレイヤーベルト・ドライブベルト  ■異形パッキン 
角ベルト・平ベルト・プレーヤーベルト・ドライブベルト   異形パッキン
ベルトをミクロンレベルで加工することで、ワウフラッター値を
向上させ、また、各種材料(EPDM、CR、UR)の配合を持つことで、
お客様の用途にあう高品質なベルトを提供しています。
従来はプレス成型でしか出来なかった製品が
スライス製法出来る様になりました。 
 ■パッキン・ガスケット ■搬送ベルト 
 パッキン・ガスケット  搬送ベルト
 内径φ0.50からの製造が可能です。  OA機器用の搬送ベルトです。
■3D異形パッキン・ガスケット 
 3D異形パッキン・ガスケット
新技術のスライス製品です。 
※平ベルト(50本〜)、角ベルト(100本〜)のご注文承ります。
ただし、寸法によっては制作不可能な場合もございます。予めご了承下さい。 

低コストを実現
 ゴムスライス製法がどのように低コストを実現するのかというと・・・
 

カッティング製法では、端材部分のみ廃棄するので、
プレス製法に比べ廃棄量が少なく、歩留まりがアップします。

 
例)
1000個の注文に対し、プレス成型で金型10個取りとすると100回プレスする時間が必要となります。

1回のプレス時間を10分とすると


ゴムカッティング製法では、1000個の注文に対し、金型10筒取り、1筒に対し10個の製品が取れるとするとプレス作業は10回で済みます。

1回のプレス時間を10分として・・・


1カット5秒かかるとすると・・・



この時間の差が人件費の差となりコストダウンを実現します。
 
■ご依頼方法
ご希望サイズ(図面又はマンガ図)
材質・数量をご記載頂き弊社までご送付の程願います。

※平ベルト(50本〜)、角ベルト(100本〜)のご注文承ります。
ただし、寸法によっては制作不可能な場合もございます。予めご了承下さい。 


■ お問合せ  お問合せはメール又はFAXにてお願い致します。


1. ご要望※必須 見積希望 購入希望 連絡希望 訪問希望 その他
2. 動機※必須 新規導入 既存入替 試作検討 コストダウン 情報収集
その他
3. お問合せ内容 価格請求・サンプル依頼・見積依頼、製品に関するお問合せなど
製品の商品名、型式をご記入下さい。

4. 添付資料
(ファイル容量5MBまで)

<FAX問合せ用紙のダウンロード>

株式会社ハギテック : TEL 043-423-8741