はぎてんねっと
 

P.241

スミチューブ®、イラックススリーブ®製品資料

一般的に、プラスチックに電子線(高電圧を用いて、真空中で加速した電子)を当てると、架橋(プラスチックの分子間に新たな結合が出来る反応)という反応が起こり、耐熱性の向上、形状の記憶、耐油・耐薬品性の改善といった特性が得られます。
当社では、1964年に我が国で最初の工業用電子線発生装置を設置して以来、プラスチックの電子線照射技術を基盤にした種々の商品開発、製品化に取り組んできました。

スミチューブ 「スミチューブ」とは、上記の電子線照射によるプラスチックの形状記憶効果を応用した熱収縮チューブ(加熱により、径方向に収縮するチューブ)で、ポリオレフィン、フッ素系ポリマー、熱可塑性エラストマーなどの材質が主原料です。家電・電子機器・自動車、航空機などの分野において、電線・ハーネスの結束、耐熱保護、絶縁保護などの幅広い用途に使用される他、内面に接着層を設けた製品(接着剤付きスミチューブ)は防水保護、防食保護にも使用されています。また国内外の安全規格(UL規格、CSA規格、MIL規格など )に適合する製品も取り揃えています。
イラックススリーブ 「イラックススリーブ」とは、各種ケーブル・パイプの防食保護用などに使用される熱収縮チューブで、スミチューブより寸法の大きな製品です。
●連続使用可能温度 ●UL,CSA規格品の
認定部品表示について
●難燃グレード
[VW-1][OFT]について
●内径収縮率 ●長さ収縮率 ●色相
●収縮方法及び
収縮時の注意
●保管条件と自然収縮 ●その他
●連続使用可能温度
連続使用可能温度については、安全規格(UL,CSA,MIL規格等)に準拠する製品は、対応する定格温度の中でもっとも高い温度を表示しています。また、住友電工ファインポリマー使用の製品は、UL規格で規定されている老化条件等を参考に規定しています。なお、内面に接着剤層を設けた製品(接着剤付きスミチューブ、イラックススリーブ)は、外装の材料特性を元に連続使用可能温度を表示しています。高温度を表示しています。高温時、接着剤の溶融により、位置ずれを起こす場合もありますので、ご注意をお願いします。
●UL,CSA規格品の認定部品表示について
UL及びCSAの検査員から、これら規格品について、認定部品の証を求められた際には、チューブ表面の「マーキング」あるいは、包装材に貼付されている「製品ラベル」をご提示下さい。UL及びCSAのフォローアップによるRE-EXAMINATION SERVICE方式が採用されていますので、電線などで必要な専用タグが要求されることはありません。
かつて、これら安全規格は、チューブ上に会社名・温度定格などを表示することを義務づけていました。現在では、必須事項ではなくなりましたが、弊社では従来同様、これらをチューブ上に表示しております。なお、認定照明として、UL規格品は「YELLOW CARD」を、CSA規格品は「CERTIFICATION RECORD(
写し)」を準備しておりますのでご利用下さい。
●難燃グレード[VW-1][OFT]について
これらは、各々、UL224規格及びCSA規格に規定される難燃グレードで、垂直難燃試験に合格する製品に対してのみ認定を受けることが出来るものです。
「VW-1」は、UL244規格に規定されており、「ワイヤー(WIRE)をチューブに挿入し、垂直(VERTICAL)に保持した状態で燃焼させた時、1分間(1minute)以内に消炎すること」が要求されるために、この名称がつけられています。また「OFT」は、CSA規格に規定されており、「OPTIONAL FLAME TEST」の頭文字を取ったもので、試験方法は「VW-1」とほぼ同じです。
なお、難燃グレードとしてUL94規格の「V-0」に関するご質問を承ることがありますが、これは、「成型品用樹脂材料」に関する規定で、シート上の試料で難燃性を評価するものであり、弊社製品のようなチューブ状の製品に適用されるものではありません。一般に「VW-1」に合格するチューブ関連製品は、「V-0」相当の難燃性を有するといわれています。
●内径収縮率
内径収縮率は、次の通りに定義しています。
内径収縮率(%)= (収縮前内径)−(完全収縮後内径) X100
(収縮内径)
多くの製品は、完全収縮後内径が収縮前内径の1/2になるように設計されており、この場合、内径収縮率は50%になります。これ以外にも、内径が1/3または1/4に収縮する製品を用意しております。
●長さ収縮率
長さ変化率は、次の通りに定義しています。

長さ変化率(%)= (収縮後チューブ長さ)−(収縮前チューブ長さ) X100
(収縮前チューブ長さ)
従来使用しておりました「長さ収縮率(Longitudinal Shrinkage)」を、国際的に採用されている「長さ変化率(Longitudinal Change)」に変更致します。長さ変化率と長さ収縮率の違いは符号が逆になることです。
[例]長さ収縮率=4%→長さ変化率=-4%
●色相
色相は弊社標準色として独自に設計されており、品種によって色調が異なりますのでご注意下さい。なお、一部の品種は安全規格による規定に従っています。

※各ページに掲載の写真はWeb上の標示物ですので、掲載商品の色や外観が実物と多少異なる場合がありますので、予めご了承下さい。
●収縮方法及び収縮時の注意
1)被覆対象物の寸法より大きめのサイズのチューブをかぶせて、次のような方法で加熱しますと速やかに収縮して対象物に収縮します。
a.工業用ドライヤーなどで加熱する方法。
b.恒温槽、加熱炉など恒温の雰囲気中で加熱する方法。

2)ホームページの収縮完了温度はチューブ自体の温度を示していますので、加熱雰囲気温度はそれより20℃〜50℃高めが適当です。但し、対象物の比熱や熱伝導率の雰囲気温度によって、温度や時間を調節する必要がありますのでチューブの収縮状態をご確認頂きながら、収縮条件を決めて頂くのが最適です。
3)熱水などの高温の液体で加熱する場合は、対象物とチューブの間に液体が残留する可能性がありますのでご注意下さい。
4)局部的に加熱したとき、対象物表面に突起やエッジが有るとき、チューブ切断面が不均一で切れ込みや斜め切りなどがある時は、亀裂が発生する場合がありますのでご注意下さい。
対象物の断面形状が円でなく、角状または異型のものでも収縮しますが凹面には隙間が空きますのでご注意下さい。
●保管条件と自然収縮
収縮開始温度以下で保管するかぎり、自然収縮をおこしませんが、湿度の低い冷暗所で保管されることをお勧め致します。直射日光は避けてください。スミチューブVは、ざいしつであるポリ塩化ビニルの特性として、概ね40℃付近より収縮を開始する傾向がありますので、保管にはご注意下さい。
●その他
ホームページに記載されているサイズ・色相は標準設計によるものであり、標準在庫に取りそろえていないものも含まれております。サイズ・色相によっては受注生産品になるものがありますので、あらかじめご了承下さい。ご要望により標準設計以外のサイズ(内径、肉厚)、色相品も製作します。また切断及びマーキング加工も承ります。
●注意:
1)このホームページ上のデータは製品単体での代表値であり、特徴などについても一般的な物性を記載したもので、個々の用途の安全性を保証するものではありません。従って、ご使用に際しましては安全性につき、必ずお客様ご自身で適合性評価をして頂く必要があります。また、ご使用に当たり、仮に偶発的または間接的な損害が生じた場合であっても、弊社はいかなる責任も負いかねますのでご了解下さい。
2)接着剤付きスミチューブ、イラックススリーブの防水性能に関しては、ご使用条件によって異なるため、ご使用条件に合わせて防水特性などをご確認の上、ご使用をお願い致します。
3)製品によりましては、保管条件により配合合いがチューブの表面に析出する場合があります。
4)ホームページの内容は、予告なく変更することがありますのでご了承願います。

■ お問合せ  お問合せはメール又はFAXにてお願い致します。


1. ご要望※必須 見積希望 購入希望 連絡希望 訪問希望 その他
2. 動機※必須 新規導入 既存入替 試作検討 コストダウン 情報収集
その他
3. お問合せ内容 価格請求・サンプル依頼・見積依頼、製品に関するお問合せなど
製品の商品名、型式をご記入下さい。

4. 添付資料
(ファイル容量5MBまで)

<FAX問合せ用紙のダウンロード>

株式会社ハギテック : TEL 043-423-8741