はぎてんねっと
 

                                                     P.925

カテゴリ-3目次に戻る HOMEへ
光ファイバーにメッキ!
日本の「名工」が極めた世界一のメタライズファイバ(光ファイバメッキ)
610.397

独自開発のめっき技術でガラスファイバーへのめっきが可能になりました。
125μmというとても細い石英ガラスへめっきを施し増幅器などへの接続を目的としています。最近一般的に知られてきた「光ファイバー通信」への欠かすことのできない特殊なめっき技術です。

●各種デバイスのモジュール化の際にファイバのはんだ接合固定が可能になります。
●接着剤を使用せずに固定できるため、高温雰囲気での使用が可能です。

●本光ファイバーメッキは温式方式で、乾式方式の蒸着メッキタイプにくらべ、小ロット生産も容易で低コスト。
●めっき膜厚(0.1〜0.5μm)指定に対応可能。
●1ラインの生産能力 MAX5,000本/月
●イニシャルコストが定額
●密着強度が安定する品質管理
●めっき部と非めっき部の境界線がシャープ。
光ファイバーにメッキ
高機能・低コストの光ファイバーへのめっき技術
石英ファイバーには真空中でITO 膜(酸化インジウム・スズ)を施しその上に電気めっきをしていました。この方法だと真空容器の中でITO 膜をつける作業となるため複雑な形状や微細なものには不向きでコストも比較的に高いものでした。
現在では下地めっき処理に無電解Niを施し、仕上げめっきに電解Ni や無電解Au、電解Au など用途によって仕上げめっきを選択することも可能で、しかも特定の部分のみめっきすることができます。
めっき皮膜を付けることによってロウ付けが可能になり、しかもファイバーの強度が高まります。 当社は微細な部分めっきの精度を維持しながら生産性を高めることに成功しました。

またコスト的にも以前と比べ対応力がつきました。
また、ファイバーと接続する変調器や増幅器、フェルールに対するめっきもKover(コバール)、Cu20-W(銅-タングステン)、 SUS(ステンレス)などのさまざまな材質の金属にもめっき加工しています。

共にめっきを施すことによりファイバーとの接続時に行う後工程でのロウ付け加工が容易になり、かつ信頼性のあるシステムになります。

●ファイバを支給していただき、被覆除去からの量産が可能です。
被覆除去→スクリーニング→湿式メッキ→検査・梱包
●多芯ファイバについても、先端メッキの試作が可能です。


■ハンダ接合なので高出力デバイスにも高精度!
※上記仕様以外のメタライズ(メッキ)加工も検討対応いたしますのでご相談ください。(亜鉛メッキ等)

■スパッタ方式に劣らぬ物性値
* 湿式方式 参考値(乾式方式)
皮膜構成 無電解 Ni/Au
または
無電解 Ni/電解 Ni/電解 Au
Ni/Au
または
Ti/Ni/Au
膜厚 1.0〜10.0 μm 0.1〜3.0μm
引張強度 平均12.25N
試験器:東洋精機製VES1D
チャックの長さ:150mm
引張速度:6mm/Min
10N〜15N
曲げ強度 φ9.0 マンドレル巻きつけにて破断無 約30mmで破断
はんだぬれ 良好
φ0.15コバールフェルール使用Au/Sn(80/20)
良好
Au/Sn
気密性(リーク試験) 1.0x10-9PA・m3・sec以下
試験器、アルバック製HELIOT301
1.0x10-9 Pa・m3/sec以下
めっき部寸法 被覆部に析出(-2.0〜+3.5)
ガラス部に40mm前後の指定寸法で可能
-
コスト 低コスト(500〜2000円/本) -
試作費用 50,000円〜(1本からでも対応します。ご相談下さい。 -

■様々なパターンの光ファイバーめっき可能!(単芯、テープ、POF, 中間メッキ等)

メタライズファイバアレイ
397
ファイバアレイとは?
ファイバアレイは、光ファイバーを整列させて、光情報を伝達するために使用される光通信技術のデバイスの1つです。
V溝基板の作成、メタライズファイバーを使用したデバイスの一貫生産により、フレキシブルな対応(ピッチ公差厚み etc)が可能です。
めっきを施すことによりデバイス加工での金属接続を可能とします。※HAST試験クリア

  
画像1 画像2 画像3
■メタライズテープファイバ
4芯、8芯、12芯の被覆除去、めっき加工までお受けします。
先端全面めっき 先端部分めっき 中間部分めっき
メタライズテープファイバ 先端全面めっき画像 メタライズテープファイバ 先端部分めっき画像 メタライズテープファイバ 中間部分めっき画像
■単芯ファイバへのメタライズも受注承ります。
(先端全面めっき(2箇所も可能)、中間めっき)
先端全面めっき 先端めっき
単芯ファイバ 先端全面めっき 単芯ファイバ 先端めっき

※RoHS対応に関してはお問い合わせください。


メタルフェルール
434
オールニッケル(純度99.99%以上)のフェルールです
■高精度
内径寸法精度はレンジで0.0005mm、外径寸法精度は±0.0005mm、内径サイズを保証するので、内径の2次加工が不要です。
内径・外径共にテーパーに製作できます。

■金型不要
セラミックや樹脂のように金型を使用しない為、小ロットの試作から、量産まで
幅広い対応が可能です。
カテゴリ-3目次に戻る HOMEへ

■ お問合せ  お問合せはメール又はFAXにてお願い致します。


1. ご要望※必須 見積希望 購入希望 連絡希望 訪問希望 その他
2. 動機※必須 新規導入 既存入替 試作検討 コストダウン 情報収集
その他
3. お問合せ内容 価格請求・サンプル依頼・見積依頼、製品に関するお問合せなど
製品の商品名、型式をご記入下さい。

4. 添付資料
(ファイル容量5MBまで)

<FAX問合せ用紙のダウンロード>

株式会社ハギテック : TEL 043-423-8741